顔の赤み対策用のクリームや化粧品を解説!

 

化粧水を塗る女性

 

赤ら顔をどうにかしたい!

 

そんなあなたのために、おすすめの赤ら顔クリーム・化粧水ランキングを紹介します。

 

白漢 しろ彩

 

 

  • 返金保証:30日返金保証付き
  • 内容量:100ml※約60日
  • 定期購入:4,480円

 

デメリットは?

 

定期購入の場合は、3回以上の継続が必須です

 

 

しろ彩は顔の赤みの根本からアプローチし、赤ら顔モニターの86%の赤みを軽減させました。

 

また、ヒリヒリ感など刺激が少ないため、かなりおすすめ!

 

※30日間の返金保証があるため、お肌に合わなかったらどうしよう・・・
といった心配がありません。

 

 

【公式】>>白漢しろ彩公式サイトはこちら

 

 

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:110mL※約1か月
  • 定期購入:3,600円

 

デメリットは?

 

返金保証がありません

 

 

ULU(ウルウ)は乳液・美容液・ふき取り化粧液・化粧水・導入液など1本で5役のオールインワン化粧品です。

 

また、完全無添加なので、赤ちゃん〜お年寄り真まで安心使えます。

 

【公式】ウルウ公式サイトはこちら

 

 

ビタK レッドX トナー

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150ml※約1.5〜2か月
  • 定期購入:3,920円

 

デメリットは?

 

  1. 返金保証なし
  2. 定期購入は3回以上の継続

 

 

赤ら顔対策に良いと言われる、”ビタミンKを配合”しているビタK レッドX トナー。

 

皮膚科専門医が開発した化粧品でお肌のトラブルに最適な化粧水です。

 

【公式】>>ビタK レッドX トナー公式サイトはこちら

 

 

 

疑問Q&A

 

顔の赤みってなに?

 

赤ら顔の原因とは?生まれ持った体質なの?他に原因はある?

 

赤ら顔は大きく分けて毛細血管が皮膚に透けて見える状態のものと肌そのものが赤い場合があります。毛細血管が透けて見えるのは皮膚が薄い場合が多く敏感肌のひとにその傾向が強いのですが、その肌の薄さは体質的なものと言えるでしょう。
肌が薄いと皮膚の下にある毛細血管が透けて見えるのですが、それは毛細血管の拡張と収縮に関係があるのです。例えば外気温を受けて血管が拡張や伸縮を繰り返すことで温度を一定に保っています。またストレスも赤ら顔の原因となりますが、ストレスがかかったり緊張すると交感神経が刺激され、自律神経のバランスが乱れ、刺激された交感神経が毛細血管に大量の血液を送り込み、血管が拡張することで赤ら顔がおこります。皮膚が薄いほど透けて見える度合いが強くなります。他に原因をあげるなら生まれつき毛細血管が多い人や体質として血管が拡張している場合もあります。
また、肌が赤く見える例としては肌荒れやニキビ、その他の肌トラブルが挙げられます。ステロイドを長期使用している人では毛細血管が拡張するという副作用もみられます。
赤ら顔の原因は様々ですが、それ自体が体質というよりも顔の肌が薄いという体質に様々な要因が加わって症状がおこるということになるでしょう。

 

顔の乾燥肌!考えられる原因は?

 

顔の乾燥肌で考えられる原因は、肌質だから仕方がないと思っている方もいるかもしれません。確かに肌質も、考えられる原因の1つです。ですが肌質だけで、顔の乾燥肌が決まるわけではありません。肌質以外にも原因となる点はいくつかあるため、もしも乾燥肌で悩んでいるのであれば、肌質以外の点に気をつけて過ごすことも大切です。
例えば肌質以外で顔の乾燥肌の考えられる原因の1つとして、ライフスタイルの乱れがあげられます。栄養の偏った食事や少ない睡眠時間での生活が続くことで、乾燥肌になってしまうかもしれません。そこで乾燥肌の症状を少しでも改善したいと考えているのであれば、ライフスタイルを見直してみましょう。食事や睡眠、さらには運動というライフスタイルを少しでも改善することで、乾燥肌の症状が和らぐかもしれません。

 

またライフスタイルの乱れだけではなく、間違った洗顔方法も顔の乾燥肌の考えられる原因の1つです。洗顔方法だけではなく、化粧水のつけ方など、スキンケアのやり方も原因となるケースも見られます。そのため乾燥肌で悩んでいる方は、正しい洗顔方法やスキンケアの方法を実践することが大切です。使用する化粧水の種類を吟味することも忘れてはいけません。

 

敏感肌になる原因を解説します!

 

敏感肌で悩んでいるという人は多いでしょう。敏感肌になってしまうと、一般的なスキンケア商品を使っても肌トラブルが起きてしまうので大変です。敏感肌は、肌を守っているバリア機能が破壊されてしまっている事が原因です。バリア機能が破壊されてしまうと、紫外線やハウスダストなどの様々な刺激から肌を守ってくれるものがない為に、ダイレクトに刺激を受けてしまいます。バリア機能が破壊されてしまう原因に、摩擦があります。クレンジングをする時などに力を入れて擦ってしまうと、バリア機能が低下してしまいます。また洗浄力が強すぎる商品を使っている事も原因です。特に界面活性剤を使用している物は要注意です。界面活性剤は台所用洗剤にも使われている成分です。この様な商品で、添加物も沢山使われている物でゴシゴシ擦っているとバリア機能が破壊されてしまいます。この様な商品は数百円の安価な商品に多いです。一度自分のクレンジングを見直してみるのも良いでしょう。最近では、天然由来の洗浄成分で作られていて、無添加の物も沢山売られています。少し値段は高くても、この様な商品を選ぶ様にしましょう。また肌を傷めない様に優しく力を入れずにメークを落しましょう。

 

脂性肌(オイリー肌)の原因は?

 

顔がテカテカしてしまうとして悩みになるのが、脂性肌です。

 

オイリー肌とも呼ばれる症状で、文字通り皮脂の分泌が活発な状態の肌のことをいいます。

 

脂性肌になってしまう原因は、男性ホルモンの分泌が活発になっていることが考えられます。男性ホルモンは皮脂の分泌を司っており、皮脂腺を増やしたり皮脂を作る、分泌を活発にする役割があります。

 

ストレスや生活習慣、遺伝などの要因によって皮脂の分泌が活発になることで脂性肌になってしまうと考えられます。

 

また、肌の乾燥も原因となります。

 

肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下します。そのバリア機能を補おうとすることで、皮脂の分泌が多くなります。気になって皮脂を取ってしまうと、より多くの皮脂が分泌されます。

 

このようなことから、改善するには体の内側のケアと外側のケアが重要となってきます。

 

ストレスを解消して規則正しい生活や、栄養バランスのとれた食事を行うことで男性ホルモンの分泌を正常にしていきます。

 

それに加えて保湿効果の高いスキンケアを行っていくことで、肌の乾燥を防ぐようにしていきます。

 

また、洗顔を優しくすることも大切です。

 

ケアを間違えると肌トラブルになりやすい状態のため、きちんとケアすることが重要となります。

 

 

オールインワンジェルのメリット&デメリットを解説します

 

化粧水や乳液、美容液やクリームなど数多くのスキンケア商品がありますが、近年ではオールインワンジェルも数多く販売されています。

 

ルインワンジェルのメリットは、何と言っても一本で全てのスキンケアが完了するので手間がかからないという点です。一本当たりの値段はピンからキリまでありますが、全てのケア商品を揃えるよりも一本購入したほうが安上がりになることが多く、金銭面でコストパフォーマンスが良いというのも魅力と言えます。夜寝る前はもちろんのこと、朝にもオールインワンジェル一本で良いのでお手入れに必要となる時間も短くなり、時間に余裕がない人でも気軽にケアすることができます。しかしもちろんデメリットもあります。一本で済むからこそ、使い分けられないという点がデメリットといえます。

 

水や乳液などをそれぞれ単品で使っていれば、肌に合わせて化粧水のみをしっとりにしたり、さっぱりにしたり、季節や肌のコンディションに合わせて自分で調整することができますが、
ールインワンとなれば一本になってしまっているので、季節や肌のコンディションに合わせた使い分けができないのが欠点といえます。メリットとデメリットを理解した上で使うべきです。

 

合成界面活性剤入りの化粧品のメリット・デメリット

 

近頃では、肌の悩みに合わせて化粧品を選んでいる女性たちが増えてきています。化粧品の成分にもこだわり抜いている人は、界面活性剤が入った化粧品に対して敏感になっている場合もあります。

 

活性剤は、メイクの汚れや皮脂、古い角質などをしっかりと洗い落とすことに大きな効果を期待できます。

 

多くのクレンジング剤や洗顔料にも界面活性剤は含まれていますので、肌をできるだけ傷めないように洗い方にも気を配ることが肝心といえます。

 

 

優しい力加減で短時間内にクレンジングを終わらせることによって、肌への負担を最小限に抑えることにつながります。

 

このように、合成界面活性剤の大きなメリットとしては、あらゆる汚れを落としきることのできる強力な洗浄力が挙げられます。植物性と石油系合成界面活性剤は、シャンプーやリンス、パウダーファンデーションなど幅広い種類の化粧品に使用されています。

 

毎日のメイクでこれらが含まれているものを使用しても、肌に与える影響はほとんどないため安心して利用することが可能といえます。

 

その一方、あまりに強く肌を擦ったり洗顔に一分以上時間をかけすぎることによって、肌荒れや吹き出物などを引き起こしてしまうデメリットもあります。

 

日頃からスキンケアを優しく行うよう注意することが重要といえます。
"